地域問題に関する懇談会

本日、登米中央商工会3階にて、地域問題に関する懇談会がありました。
医療を考える会からは、会長須藤、副会長渥美、事務局三浦が参加してきました。
経営コンサルタントの、黒田敬子さん、登米市長、佐沼病院石井院長、商工会理事の方々など、32名での懇談会でした。
高齢者の、医療問題や、佐沼病院の再建、小児科、産科の縮小問題などみんなで話し合って来ました。
医療を考える会からは、病院のコンビニ受診、先生と市民の温度差、救急車のタクシー利用、応急処置、などを、行政、病院、救急、医療を考える会と合同で1冊の本にして、市民に配りたいと要請してきました。
病院の実状、小児科、産科のドクターが何故いなくなったのか。。。を聞き、市民一人一人が、登米市には佐沼病院が必要なんだという気持ちを持ってもらったら、こんな大問題にはならなかった。。。と感じました。
[PR]
by tomesi-iryou | 2008-10-24 23:54